〒232-0061 神奈川県横浜市南区大岡2-13-15 045-741-0552

横浜市南区 弘明寺 内科,小児科,皮膚科,消化器内科,肝臓専門医.経鼻内視鏡,大岡医院

内視鏡(胃カメラ)

連携医療機関
Mobile site

 


HOME»  内視鏡(胃カメラ)

胃カメラ(内視鏡検査)について

口から挿入する『経口内視鏡』と鼻から挿入する『経鼻内視鏡』があります。
これまで、胃カメラで苦しい経験をされた方は経鼻内視鏡をお勧めします。
胃内視鏡検査は、食道、胃、十二指腸の観察を行い、異常があった場合は組織検査を行うことができます。
 

通常の経口からも極細内視鏡とマウスピース(エンドリーダー)で苦痛なくできます。

鎮静内視鏡について

当院では鎮静内視鏡も行っております。
鎮静内視鏡とは鎮静剤を静脈注射しての内視鏡検査になり、半分眠っている状態で検査を受けることができます。

※鎮静剤使用のため終日車の運転はお控えください。
※横浜市の胃がん内視鏡検診は鎮静内視鏡では施行できませんのでご了承ください。

胃内視鏡検査で見つかる病気とは?

  • 食道
    食道がん、逆流性食道炎、食道憩室、食道静脈瘤、食道カンジダ症、アカラシア 等

  • 胃がん、胃潰瘍、慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)、急性胃炎、胃ポリープ、胃粘膜下腫瘍、胃アニサキス症 等
  • 十二指腸
    十二指腸潰瘍、十二指腸がん、十二指腸憩室 等

次のような症状があれば、早めに検査を受けましょう

  • 胃がんでは自覚症状が現れにくく、あったとしても胃腸の病気全般に共通するものなので、
    症状だけで判断することはできません。しかし、次のような症状があれば、早めに検査を受けましょう。
  • 胃の痛み(我慢できるが長時間持続。しみるような痛み)
  • 胃の不快感(異物が通る感じ)
  • 膨満感、食欲不振、体重減少
  • 飲み込むときにつかえる
  • のどの奥(食道)がしみる感じがする
  • 黒っぽい便
  • 貧血
  • がんは早期発見が大切です。年に1度の検診をおすすめいたします

ご予約・お問い合わせ

まずは電話でお問い合わせください。
【検査日程について】 診察後に相談のうえ、検査日を決めます。

TEL:045-741-0552

検査の流れ

Step

検査前日

食事は午後9時までに終えて下さい。
検査まで水分摂取(水、お茶)は大丈夫ですが、
固形物は食べないで下さい。

Step
2

検査当日

薬の服用が必要なものと止めた方がよいものがあります。予約を取るときにご相談下さい。

検査が終わるまでは飲食ができません。水、お茶程度の水分は少量ならばかまいません。

Step
3

検査

胃のなかの泡や粘液をとるくすりを飲みます。
※口から挿入する場合。のどの麻酔をして検査開始します。
※鼻から挿入する場合。点鼻スプレー(鼻の粘膜の血管を収縮させます)し、とおりの良いほうの鼻腔内を麻酔します。(この間約10分)検査直前にのどに麻酔薬を噴霧して検査を開始します。
胃の動きを抑制する注射を必要な場合行います。
鎮静剤がご希望であれば使用します。
検査結果は概略を当日お知らせ致します。

食事開始はのどのしびれが無くなって、少量の飲水でむせなければ大丈夫です。(約1時間)

Page Top